お金を募るという意味を持つ募金とは

お金を募るという意味を持つ募金とは
募金とは、字の通り、「お金を募る」という意味のことばです。

「街頭募金」は街頭に立ってお金を募ることで、「募金活動」はお金を募る活動の事です。

逆に「お金を出す」という意味でも使われるようになったのが、一説には1980年ごろから、学校で広まったもだとも言われています。

「赤い羽根募金」などドラえもんの募金がありましたね。

なぜ、募金が反対の意味でも使われる様になったのでしょうか。

「募金」の反対語を調べてみると、「義援」や「寄付」などが出てきます。

ですが「義援する」など話し言葉としては、少々かたすぎて使いづらいですね。(義援金などとしてはよく使われています。)

また「寄付をする」については、人によっては、自分が出す額が少ない場合は寄付とは、言いにくいと感じる場合もあります。

私もその一人です。

寄付とは、自分の財産の一部をあげる事なので、少ない額でも寄付した事には変わりありませんが、どこか言いづらいことばです。

この様なことから、その「すきま」を埋める言い方として、「募金」の新たな用法が一般的にきたのだと思います。

人のためになることをしたいと思って、募金に協力しているのでしょうから、その人たちが「今日募金してきました」と言ったからといって、その言葉が間違っているなどと指摘するのは、ヤボだと思います。

それでも、ことばを気を付けておきたい。

という人には、「募金集めが始まった」を「募金活動が始まった」と言ったり、「集められた募金は」を「寄せられたお金(義援金)はと言ったり、「募金を呼び掛けています」を「募金への協力をお願いします」などいう言い回しがあります。

言葉は、凄く深い意味がありますね。

この募金は、主に災害支援などで募ってることが多いですが、ここ最近では「東日本大震災」と「熊本大震災」がありました。

東日本では、大きな津波で亡くなる人も、多く犠牲者がたくさんいた事も、まだまだ記憶に新しいですね。

熊本は「阪神淡路大震災」と同じぐらいの大きさだったと言われています。

東日本の震災の時と同様に、熊本の震災でも多くの募金活動が各地で行われています。

飲食店やスーパー、個人経営のところでも多くの募金活動が行われ、人の繋がりがいろんな場面で見る事ができます。

熊本に住んでない人でも、支援ができる募金活動は、現地の人を勇気づける大切なものだと思っています。

一人では少ない額かもしれませんが、みんなでやれば大きなものとなります。

そんな「募金」には、これからも他人事だと思わずに、積極的に行って行きたいと思います。